トップ > ケアマネージャーに求められる資質 知識 > ケアマネに求められる資質 知識

ケアマネに求められる資質 知識

ケアマネジャーは、保健、医療、福祉分野の資質が統合された新しい職種です。ですから、それぞれの専門分野においての豊富な実務経験から得た知識だけではなく、保健、医療、福祉の幅広い総合的な知識が必要となります。さらに、介護保険制度について、その利用手続き、介護サービスについての知識も不可欠であり、それに加えて介護保険以外の社会資源についての知識も必要です。ケアマネジャーになる前の職業や資格によって、それぞれに得意分野があるでしょう。ケアマネジャー同士助けあって、他の職種の人にも協力を得ながら仕事をしていく必要があります。利用者の自宅への訪問や事業者への連絡など移動が多いことから、運転免許は必須でしょう。また、さまざまな資料作成や計算などにパソコンを利用することも多いのでパソコンのスキルも必要です。


ケアマネジャーにはとても幅広い知識や技術が求められています。

具体例は、

1.保健医療の分野の知識
高齢者の身体的・精神的特長、高齢期に多い疾病とその症状、バイタルサインと検査、排泄と失禁、リハビリテーション、認知症(痴呆)と精神障害、食事と栄養管理、感染症、急変時の対応

2.福祉の分野の知識
高齢者ケアの目標、高齢者ケアの原則、コミュニケーションの技術、インテークの技術、隠されたニーズの発見、ソーシャルワークの技術、接近困難事例への対応

3.介護保険制度に関する知識
介護保険の成り立ちと介護支援サービス、各種サービスの内容と介護報酬、介護保険の利用手続き、介護給付費と支給限度基準額、利用者負担の仕組み、指定サービス以外のサービス、高額介護サービス費、福祉用具と住宅改修

4.その他の社会資源に関する知識
障害者福祉制度、生活保護制度、高齢者の権利擁護の制度-成年後見制度・地域福祉権利擁護事業、NPO法人、ボランティア

5.必要な技術
自動車運転、パソコン操作

などとなります。


ケアマネジャーの基本姿勢は次のようにあげられます。

1.利用者の人権尊重-ケアマネジャーは介護が必要な高齢者が地域社会や家庭において、人権を侵害されることなく生活できるように、身近な代弁者として配慮しなければならない。

2.利用者の主体性尊重-介護支援サービスにおいて第一に考えることは、利用者ひとりひとりの生き方や、暮らし方を最大限尊重することであり、主体性の尊重です。そのためには、利用者とケアマネジャーの立場は対等と考えるべきである。

3.公平性-ケアマネジャーは常に利用者、家族に対して公平に接し、サービスの利用においても公平であることが必要である。

4.中立性-ケアマネジャーは利用者と家族などその周囲の人の間において中立性を保ち、サービス事業者間においても中立性を保つ必要がある。

5.社会的責任-介護支援サービスは地域社会全体の利益に結びつくものである。よって、公平かつ中立的に、人権を尊重しながらどの利用者に対しても、その人にとって一番と思われる配慮を、最大限努力し、実行するという社会的責任がある。

6.個人情報の保護-どんな目的があったにせよ、情報をもらしてはならない。個人情報を扱う場合には、あらかじめ利用者の同意を文書などで得ておく必要がある。

この記事のカテゴリーは「ケアマネージャーに求められる資質 知識」です。
ケアマネジャーは、保健、医療、福祉分野の資質が統合された新しい職種です。ですから、それぞれの専門分野においての豊富な実務経験から得た知識だけではなく、保健、医療、福祉の幅広い総合的な知識が必要となります。
関連記事

ケアマネに求められる資質 知識

ケアマネジャーは、保健、医療、福祉分野の資質が統合された新しい職種です。ですから...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「平成20年のケアマネジャー試験」です。

この記事のカテゴリーは「ケアマネージャー試験対策 模試」です。

この記事のカテゴリーは「ケアマネージャー試験対策」です。

この記事のカテゴリーは「ケアマネージャー合格保証ソフト」です。

カテゴリー
サイト内検索