トップ > 主任ケアマネージャーとは > 主任ケアマネージャーとは

主任ケアマネージャーとは

主任ケアマネージャーとは、2006年の介護保険法改正により誕生した資格です。

地域の介護支援業務をより円滑に進めるためにケアマネージャーを束ねるリーダー的な存在といえます。

具体的には、地域包括支援センターなどに就職してケアマネージャー同士のネットワークを構築・管理したり、個々人に対して相談や指導を行うことが主な仕事です。

各都道府県が実施する主任介護支援専門員研修を修了することで資格を取得できます。

受講するためには、ケアマネージャーとして5年以上の実務経験が必要です。

他に細かい要件がありますので、各都道府県の担当部署に確認して下さい。

研修は講義及び演習で構成されており、64時間を要します。

ケアマネージャーとしての倫理や終末医療、人事・経営管理などの内容をそれぞれ数時間かけて学びます。

中でも、実務経験の中で直面した対処困難な事例について研究し、部下となるケアマネージャーが同じ問題に遭遇した場合に適切な指導を行うための講義と演習には、20時間以上も割り当てられています。

主任ケアマネージャーは新しい資格なので、業務内容に混乱や問題が見受けられるようです。

しかし、2000年に施行された介護保険法が6年の間に改正を重ねていることからもわかるように、現代社会においてケアマネージメントは必要不可欠な仕事です。

近い将来に新たな改正が行われ、要介護者とケアマネージャーの双方にとってよりよい環境になると考えられます。

この記事のカテゴリーは「主任ケアマネージャーとは」です。
地域の介護支援業務をより円滑に進めるためにケアマネージャーを束ねるリーダー的な存在といえます。
関連記事

主任ケアマネージャーとは

主任ケアマネージャーとは、2006年の介護保険法改正により誕生した資格です。 地...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「平成20年のケアマネジャー試験」です。

この記事のカテゴリーは「ケアマネージャー試験対策 模試」です。

この記事のカテゴリーは「ケアマネージャー試験対策」です。

この記事のカテゴリーは「ケアマネージャー合格保証ソフト」です。

カテゴリー
サイト内検索